耐震診断|耐震診断で建物に安心を 横浜や東京等幅広くお伺い致します。

株式会社新航建築事務所
お問合せ先
耐震診断
日本テレビ系列「ZIP!」に出演
耐震診断とは?
耐震診断とは、建物が地震に対して安全かどうかを判断することです。
現在は、1981年に施行された新耐震設計法による設計が義務づけられています。大地震による建物の倒壊を防止して「人の安全を確保する」が目的とされています。
当社の業務は、依頼を受けた建物が設計本来の強度を保つに至らない施行不良箇所の調査を行い、本来の強度と同等の性能を回復させるための提案をいたします。また、旧耐震基準で設計されている建物に関しては、現行の新耐震設計法で耐震性の有無を確認いたします。
このような建物は是非耐震診断を!

1981年以前の建物

1

1981年(昭和56年)以前の建物は古い耐震基準で設計されているため、現行の基準に満たない場合があります。

バランスの悪い建物

2

・大きな吹抜がある建物
・壁や窓の位置が各階で偏ってい る建物
・建物の形状が複雑な建物
・ピロティーのある建物

大勢の人々が利用する建物

3

・オフィスビル
・テナントビル
・マンション


クラック1
クラック2
クラック3
mudai

耐震診断の結果によって、適切な耐震設計をおこない、補強方法まで提案いたします。(別途見積)
施行会社の紹介もいたしますが、数社から見積りを取り比較検討することをお勧めします。

初回打合せ・現地確認・お見積り無料!
弊社は無駄な費用はいっさい頂きません。お見積りはもちろん、初回の打合せ・現地確認は無料でおこないます。
本当に耐震診断が必要な建物かどうか、実際の建物を現地で確認し、耐震診断の目的・内容・必要性を説明いたします。
 
対象エリア 神奈川・東京・千葉・埼玉
調査内容 目視調査
外壁のタイルの割れや白い汚だれ(白華現象)、クラックの有無などを目視により確認します。
打診検査
テストハンマー(打診棒)を使用し、外壁のタイルの浮きを確認します。
かぶり検査
鉄筋探査機を使用し、鉄筋のかぶり厚さを確認します。
調査時間 1〜2時間程度
診断の具体的内容
新耐震基準(1981年)以降の建物 旧耐震基準の建物
1.予備調査 1.予備調査
・確認申請書(構造計算書含む)の確認
・建物の外観目視検査
・改修暦の有無(資料確認)
・判断基準の適用の可否を判断し、診断レベルを設定
(構造概要、建物の現状等の調査)
2.現地調査 2.現地調査
・建物亀裂検査(計測)
・地下ピット目視検査(目視、打診検査)
・不動沈下調査(レベル測定)
・主要構造部、鉄筋かぶり厚検査(鉄筋探査機)
・コンクリート圧縮強度検査(コア抜き、シュミットハンマー)
・コンクリート中性化検査(フェノールフタレイン法)
・外壁の仕上げ材の剥離に関する検査
・漏水やカビの発生に関する調査
・躯体の変形検査(不動沈下、スラブたわみ)
3.耐震診断計算
一次診断:壁・柱の配置、量などから建物の強度を診断します。
二次診断:壁・柱の強度とじん性から建物の強度を診断します。
       壁・柱の断面積に加えて、鉄筋の影響もふまえて診断します。
       一次診断より信頼性が高く最も多様されている方法です。
三次診断:二次診断の壁・柱に梁もふまえて、建物が地震の横揺れに対する抵抗力を求め診断します。
       最も計算難易度の高い方法です。
4.報告書作成 4.報告書作成
・不良箇所の報告書の作成
・同上の補修方法の提案
・不良箇所の報告書の作成
・同上の補修方法の提案
5.補強設計
耐震診断計算の結果から強度が不十分と判断された場合は、適切な耐震設計をおこない、補強方法をご提案いたします。
耐震1
耐震2
耐震3
コア抜き
(コンクリート圧縮強度試験)
中性化試験
建物調査
つぶし
つぶし
つぶし
コンクリート圧縮強度試験
コンクリート圧縮強度試験
建物調査
料金
建物の規模や形状、また、設計資料の有無、検査の内容等により異なりますが、目安として建物の総面積に対して下表となります。
耐震診断費用 延べ面積に応じ 最初の1000uまで2000円/u 次の1000uまで1500円/u それ以降1000円/u
建物調査費(大規模改修) 300円/u〜500円/u程度(建築規模により変動)
  ・鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)、特殊構造は1.2〜1.5倍程度の割増があります。
耐震設計 別途見積り